企業の電気料金を抑える|多くの費用が発生する工場|省エネして節約をしよう

多くの費用が発生する工場|省エネして節約をしよう

企業の電気料金を抑える

スマホを持つ男性

電気料金を削減するために

電気料金は「基本料金」と「使用料金」の合計によってその値が決められている。そして、「基本料金」は「デマンド(=最大需要電力)」によって決められる。この「デマンド」はたった1月だけ使用電力量が大幅にアップしただけでもその値が採用されてしまう厄介なものである。そこでこのデマンドを監視し、大きな電力消費量にならないように調整することを「デマンドコントロール」という。企業においては、一時の電気使用量の増加が大幅な電気料金の負担増を強いられる。ひいては経営を圧迫することになりかねない。そのため、デマンドコントロールは大きな意味を持つ。多くの企業では電力の最大使用量を監視する「デマンドコントロールシステム」が導入されている。つまり、電力のピークカットを行っているのだ。

空調設備を制御する

デマンドコントロールを行う対象には、しばしばエアコンなどの空調設備が対象となる。空調設備は電力消費が大きく、夏場や冬場にデマンドが増加してしまう可能性が非常に高いからである。デマンドを調整するために空調設備を一斉に調整(電源の切断)するのが最も良い手段ではあろう。一方で、企業では多くの職員が働いている。このような状況だと職場環境が悪くなり業務効率が悪くなる。ともすれば業務に支障が出る可能性もある。そのため、デマンドコントロールシステムを用いて、効率的かつ効果的に空調設備の電力を調整することが求められるのだ。このシステムでは、常に電力使用量を監視するので省エネに大きな貢献をするのだ。企業の資産はお金だけではない。職員も大きな財産であるのだ。デマンドコントロールを行うには企業のコスト面はもちろん、職員の環境も考えた方法をとることが最も重要なのである。