賢く電気料金の削減を|多くの費用が発生する工場|省エネして節約をしよう

多くの費用が発生する工場|省エネして節約をしよう

賢く電気料金の削減を

電気

デマンドとは

デマンドコントロールは、電気料金を節約するためのものですが、その仕組みを簡単にご説明します。まず、デマンドとは、30分間ごとに計算される電力量のことで、そのうち月間で最も多くなった値を最大デマンドをと言います。デマンドコントロールは、最大デマンドをコントロールするものなので、計算の基礎となる30分間について、需要電力が多くなりすぎないようにコントロールするものです。なぜそのようなコントロールが必要なのかというと、電気の基本料金を決める仕組みにあります。一般的なオフィスなどの基本料金は、その月を含んだ過去1年間の最大デマンドで決まります。つまり、最大デマンドが大きいと、基本料金が高くなってしまうのです。

コントロールの方法は

デマンドコントロールの方法は、監視装置によって30分間ごとのデマンドを監視することから始まります。そのデマンドが、あらかじめ指定した値に近づくと警報で知らせてくれるシステムや、自動で電源を切断してくれるシステムがあります。自動で電源を切断してくれるシステムは、あらかじめ順位をつけて切断する電気設備を指定することができます。基本料金は、最大デマンドが今の値を更新してしまうと、更新した高い金額で1年間継続することになるので、かなり影響が大きいです。そのため、デマンドコントロールで監視をする方法は、基本料金の削減に非常に有効です。また、デマンドコントロールの監視結果を見ると、どのような時に最大デマンドを示しているのかが分かりますので、普段の節電対策にも役立ちます。