多くの費用が発生する工場|省エネして節約をしよう

賢く電気料金の削減を

電気

デマンドコントロールは、最大需要電力を監視して、基本料金の値上がりを防ぐためのものです。基本料金は最大需要電力で決まり、それを1年間支払わなければなりません。基本料金の値上がりは非常に負担が大きいので、デマンドコントロールによって基本料金の値上がりを防ぐことは大変効果的です。

この記事を読む

企業の電気料金を抑える

スマホを持つ男性

電力の最大需要量を調整する「デマンドコントロール」は、多くの職員が働く企業では非常に重要なことである。デマンドコントロールはエアコンを対象に行われることが多い。職員の労働環境にも配慮し、コストも削減するために「デマンドコントロールシステム」を導入することは非常に意味のあることである。

この記事を読む

工場の電気代を節約する法

PCを操作する女性

デマンドコントロールは、電力の最大消費量を抑制することで業務用電力料金の節約を目指す手法です。事前に目標設定したピークに合わせて自動あるいは手動で電力消費を制御することで、基本料金の引き下げを図ります。

この記事を読む

機器更新と補助金活用

工場

機器の更新

工場では製造原価管理の一環から、設備をメンテナンスにより継続使用していくか、それとも機器更新により新たな機器を導入するかを常に検討する必要がある。いずれを選択するかを決めうる要素の1つに省エネが挙げられる。古くから使用している機器、例えばポンプなどのうち、商用電源をそのモーターに使用する機器は、インバーター化することにより大幅な電力削減が見込まれる。この際、導入するモーターは商用電源のものよりインバーター対応のものの方が高額であるが、使用時の消費電力量からは、容易に初期投資を回収できるものと見込まれる。その他の機器においても、現在使用しているものよりも新たに購入する機器の方が消費電力が小さく、更新する省エネメリットが生じる。既設機器を継続使用することよりも機器更新による省エネメリットの方が大きい又は同程度であれば、積極的に機器更新を行うべきと思われる。

補助金の活用

世界的な二酸化炭素発生量の低減要求から、省エネ機器を導入することが求められている。そのため、省エネ機器を導入する際には国からいわゆる補助金を受給することができる。補助金需給には幾つかの要件があるが、工場でこの補助金を受給して機器更新することができれば、更新費用を大幅に低減することができる。製造原価管理の観点からも、工場での補助金活用はメリットが大きい。省エネ達成のための機器更新において、工場ではこの導入費用がネックとなり、多くの場合、更新することが難しい。しかし、この補助金が存在することで導入コストを抑えて投資採算性を向上させ、機器導入の可能性が高まる。また、導入が実現すれば生産性の向上が期待され、省エネが大きな武器になる。